ヒロブロ!

スマホケースの選び方と種類を解説します!

time 2017/12/09

スマホケースの選び方と種類を解説します!

現在生活必需品になっているスマートフォン。

会社や学校に行く時も常に持ち歩くことが日常になっています。

非常に便利なスマートフォンですが、その手軽さゆえに落としやすいのが難点です。

そんな時のために日ごろからスマホケースを装着するのが大事になってきます。

ですが、スマホケースは多種多様すぎて、どれを選べばいいのかわからなくなりませんか?

そんな方々のためにスマフォケースの種類と選び方を解説します!

sponsored link

スマホケースの種類

スマホケースには大きく分けて5種類のタイプがあります。

ここではその5種類のスマホケースについて詳しく解説していきます。

ハードタイプ

通常、スマホケースを装着すると、サイズが大きくなります。

しかし、ハードタイプの場合、厚さが薄いためケースによる大きさを感じにくいメリットがあります。

また表面がつるつるしており、手触りがよく、すり傷などにも強いのが特徴です。

ただし、落下の衝撃による耐久性には弱く、割れやすいスマホケースと言っていいでしょう。

ソフトタイプ

ソフトタイプはシリコン系とも言われます。

触感が柔らかく、プニプニしているのが特徴です。

落下による衝撃に強く、スマートフォンをがっちりガードしてくれます。

また滑りにくいのでうっかり落としてしまうことも少ないでしょう。

ですが、ポケットから出すときにソフトタイプ特有の滑りにくさが邪魔をして、スムーズに出せないこともあります。

バンパー・フレームタイプ

バンパー・フレームは側面だけをカバーしてくれるタイプのものになっています。

前面と背面にはないので、スマホ本体のデザインを楽しみたい方にはおすすめです。

また薄さ重視の設計になっており、かさばらないのも魅力になります。

ただし、耐久力は低いのが難点で、前面・背面は隙だらけです。

手帳型タイプ

手帳型タイプはオシャレなものが多く、デザインも幅広く選べます。

耐久性も非常に高く、普通に落とすぐらいではスマートフォンが壊れることはありません。

またほとんどの手帳型タイプにはカードが収納でき、定期や、クレジットカード入れに便利です。

ですが、メリットばかりではありません。

手帳型タイプは厚みがあるので、ポケットなどに入れるときに邪魔になりやすいです。

また慣れるまで持ちづらく、電話などでは不便に感じることもあるでしょう。

[iPhone X]手帳型スマホケースおすすめ5選!!

防水タイプ

ケースでスマートフォンをしっかり密閉するので、高い防水性能が期待できます。

お風呂などでスマートフォンを使用しても、壊れる心配がなく安心してお使い頂けます。

ですが防水タイプはどうしても、サイズが大きくなりがちです。

持ちやすさや携帯性を重視している方にはおすすめできません。

まとめ

今回はスマホケースの種類と選び方を解説しました。

私は手触りのよさからハードタイプをつけていることが多いですが、やはり、ケースが割れてしますこともしばしば。

人によって、手触りのよさや耐久性・デザインなど重要視するポイントは様々だと思います。

ご自身の用途にあったスマホケースを選びましょう。



sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link