ヒロブロ!

トークンとは?仮想通貨との関係性を解説

time 2018/04/17

トークンとは?仮想通貨との関係性を解説

仮想通貨について調べていると、
よくででくるキーワード「トークン」。

でもトークンって何かよくわかりませんよね。

そこで今回は仮想通貨とトークンの関係性について解説します。

トークンとは

トークンとは、ブロックチェーン上で発行した独自コインのことを指します。

「えっそれは仮想通貨と何が違うの?」と思われたのではないでしょうか。

実は仮想通貨とトークンに明確な違いはありません

ではなぜZaifトークンのようなものがあるのでしょうか。
次で説明します。

トークンと仮想通貨の違い

先ほども説明した通り、仮想通貨とトークンに違いはありません。

しかし一般的に違いを説明するのであれば、新しく作られたものか、既存のもので作られたものかになります。

トークンは技術が確率した既存のブロックチェーンから作られる通貨です。

例えばZaifトークンはxrpのブロックチェーンを使って作られているので「トークン」になります。

トークンの特徴

まずビットコインのような仮想通貨は発行枚数に上限があり、発行方法もマイニングで採掘がおこなわれています。
要は発行する人が決まっていない状態です。

一方、トークンの場合は発行者が決められています。

トークンの発行権利を持っている方が「トークンの流通量を増やそう!」と考えたら、簡単に実現できるわけです。

またトークンを開発する際のコストが安上がりなのも特徴です。
ビットコインなどは1から独自のブロックチェーンを作らなくてはいけないので、開発コストがかかります。

一方トークンの場合は、すでに完成しているブロックチェーンの技術を使うので、開発コストはかからず低コストで発行できます。

トークンを発行する理由

トークンは株式に似ています。

株式の場合は株発行元=株式会社が業績を上げることを期待して、購入を行います。

トークンの場合も同じです。
発行元のビジネスが成功するとトークンの人気も高まります。
それによるトークンの価格上昇で、売却益を得ることが可能です。

また発行元も全てのトークンを売らずに、一部だけ残して置き、
価格が上昇したら売却することによって資金調達ができます。

トークンの種類と購入方法

取引所Zaifでは様々なトークンが売られています。

以下がZaifで購入できるトークンです。

・Counterpartyトークン(XCP)
・ERC20トークン
・Mosaic
・Bitcrystals(ビットクリスタルズ/BCY)
・ZAIFトークン(ザイフトークン)
・STORJCOIN X(SJCX/ストレージコインエックス)
・FSCC(フィスココイン)
・CICC(カイカコイン)
・NCXC(ネクスコイン)
・Pepecash(ぺぺキャッシュ)
・JPYZ(ゼン

トークンの購入を行いたいのであれば、
Zaifをおすすめします。
他の取引所より、多くのトークンを取り扱っていますし、手数料も安いのでおすすめです。

以下がZaif公式ホームページです↓
Zaif(ザイフ)

また口座開設の方法はこちらを参考にしてください↓
Zaif(ザイフ)の口座開設の方法を写真付きで解説!

down

コメントする




CAPTCHA