ヒロブロ!

寝る前のストレッチは睡眠の質を高める!理由とおすすめのストレッチを紹介

time 2018/04/17

寝る前のストレッチは睡眠の質を高める!理由とおすすめのストレッチを紹介

「寝る前のストレッチって効果あるの?」
「逆効果にはならないの?」
など疑問はあると思います。

結論から言うと寝る前のストレッチは睡眠の質を高めるのに非常に有効です。

また他にも様々なメリットがあることでも知られています。

今回は寝る前にストレッチで得られるメリットとおすすめのストレッチを紹介します。

sponsored link

寝る前ストレッチのメリット

スムーズに眠りにつける

寝る前にストレッチをすることによって、スムーズに眠りにつくことができます。

ストレッチを行うことによって、体中の血行を良くします。
ストレッチ後は少し深部体温が上がっている状態ですので、そこから30分から1時間程度かけて下げていくことによって眠りにつきやすくなります。

ストレッチは体にいいので、いつ行ってもいいのですが睡眠の観点から言うと、1時間程度前にするのがいいでしょう。

筋肉の緊張をほぐす

ストレッチによって筋肉の緊張がほぐれます。

特定の筋肉が固まったままだと、睡眠時の姿勢が悪くなり朝起きたら「首が痛い」なんてこともありえます。

そのため全身の筋肉をときほぐし、やわらかい体をつくることで睡眠の質を高める効果が望めます。

筋肉が骨の成長をじゃましなくなる

子供の頃は身長がグングン伸びる時期ですよね。
あれは眠っている時に成長ホルモンが沢山分泌されて、骨が成長するからなんです。

しかし、骨の成長が早いと筋肉が引っ張られ痛みが出てきます。これが「成長痛」です。
成長痛の主な原因は筋肉に柔軟性が足りないことによって起こり、成長を妨げる原因にもなっています。

その為、普段から寝る前などにストレッチをしておき、筋肉に柔軟性がある状態にしておくことが大事なんですよ。

効果的なストレッチの環境

入浴後に行う

入浴後は体が温まっており、血行がよくなっています。
その為筋肉もほぐしやすく、ストレッチがやりやすくなっています。

入浴+ストレッチによって血行・筋肉のときほぐしが単体で行うより期待でき、
睡眠の質を向上できるでしょう。

リラックス効果のある環境を作る

まず部屋の明かりはあかる過ぎない方がいいでしょう。
強すぎる照明は脳が刺激され眠りにつくにくくなります。

部屋にオレンジやラベンダーなどの香りのするアロマなどを置くと、
相乗効果が期待できます。

また川のせせらぎなどのヒーリング・ミュージックをかけることにより、
リラックス効果を生み寝付きやすい環境が作られます。

これらのことをストレッチと同時に行うことによって、
リラックス効果がプラスされて寝つきやすくなり、睡眠の質を高めることができます。

睡眠に効果のあるストレッチ

質のいい睡眠をとる為にオススメのストレッチをご紹介します。

また全身が力むほどのストレッチをやると逆効果ですので注意しましょう。

背中の筋肉を伸ばす

正座します。
正座したまま前の方に倒れ、両手を床につきましょう

この時、腰を引きながら両手を前の方にすることで、
背中から腰の筋肉が伸びます。

全身の筋肉を伸ばす

仰向けになります。
手の指先は上に、足のつま先は下にしたまま、思いっきり伸ばします。

手足がそれぞれ引っ張られるようなイメージです。

全身の筋肉が伸ばせるのですが、特に肩や太もものストレッチになります。

太ももの筋肉を伸ばす

正座します。
両手を上げて、そのまま仰向けになりましょう。

背中と太ももの筋肉を伸ばせます。

最後に

いかがだったでしょうか。

寝る前のストレッチは非常に効果が高く、睡眠の質を高めることができます。

もし「寝ずらいな」「目覚めが悪いな」と感じることがあったら、
今回紹介したストレッチをお風呂上りにでも行うと、いい効果が期待できるかもしれませんよ。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link