ヒロブロ!

いびきの原因はヒトによって様々!改善の為にまず調べよう!

time 2018/05/07

いびきの原因はヒトによって様々!改善の為にまず調べよう!

「恋人のいびきがうるさい」
「自分のいびきで起きてしまった」
など悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

いびきが出ないように改善するには、
メカニズムと原因を知らなければいけません。

そこで今回は人々を悩ませる「いびき」について見ていきましょう。

sponsored link

いびきのメカニズム

いびきはヒトの息と連動して発生するのは、なんとなくわかっていると思います。

なぜ息と連動するのかと言うと、なんらかの理由によって気道が狭くなり
そこに空気(息)が流れることによって空気抵抗が増し、いびきが出るからです。

また起きている時はいびきは出ませんよね?

それは様々なことが関係しているのですが、1番大きな理由は姿勢です。

ヒトは仰向けに寝ている時、重力によって舌が喉の方向に向かって落ちていきます。
それによって気道が狭くなり、いびきをかくのです。

一方、立っている時や座っているときは、舌が喉の方向には向きません。
その為、気道も狭くならずいびきをかかないのです。

いびきをかく原因

先ほど気道が狭くなることによって、いびきをかくことを説明しました。

ではなぜ気道が狭くなるのでしょうか。
ヒトによって理由は様々ですので、考えられる原因を探っていきましょう。

口呼吸をしている

まず考えられる原因の一つに口呼吸があります。

睡眠中に口で呼吸を行うと、重力によって舌が落ちて気道が狭くなってしまいます。
それによる空気抵抗でいびきが出るというわけです。

また鼻がつまっている方も同様で、鼻呼吸に支障をきたし、
寝ている間に口呼吸を行っています。

その場合はドラッグストアなどで鼻腔拡張テープを貼ると改善される場合があります。

また鼻づまりを解消する薬を病院で貰うなどして対策すると、
いびきも軽減されるでしょう。

肥満の方

「いびきをよくする方に太っている人が多い」
そんなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

実はあながち間違いではありません。

太っていると、首回りや舌に脂肪がつき、気道を狭くします。
寝ている時は舌が喉奥に落ちていくため、さらにいびきをかく要因となります。

また太っていなくても、首回りに脂肪がついている人は注意した方がいいでしょう。

脂肪によって、気道が狭まるのはもちろん、首回りの筋力低下も原因です。

首回りの筋力が弱い人は舌を支える力が足りず、
喉奥に落ち込みやすくなります。

その為、いびきが気になる方はダイエットをして首回りの脂肪を落とすと効果があるかもしてません。

疲れがたまっている方

体に疲れがたまっていると、あまり動けませんし、本来の筋力も発揮できませんよね。

それは喉周りの筋肉でも同様です。

疲れによって筋肉がゆるんで舌が喉奥に落ち込み、気道が狭くなってしまいます。
それによっていびきをかいてしまうのです。

あごが小さい方

現代の食生活は昔に比べ、柔らかいものが多くなっています。
その為、あごが鍛えられず小さい方が多くなっているようです。

あごが小さい方は、通常の人より気道が狭い可能性が高いと言われています。
またかむ力が弱い人もいびきをかきやすいはずです。

「かむ力が弱い=喉周りの筋力が弱い」に繋がるため、舌が重力に負けてしまい
いびきをかいてしまいます。

扁桃腺が大きい人

扁桃腺の肥大がいびきに関係している可能性があります。

扁桃腺とは喉の両側にあるリンパ組織のことで、大きさに個人差があります。

元々大きい人だったり、細菌やウイルスの侵入によって肥大することもありえます。
そのような場合、睡眠時に扁桃腺が気道を塞いでしまうため、いびきをかきやすくなります。

元々扁桃腺が大きい人は手術をするしかないですが、細菌やウイルスは予防できますよね。

手洗いやうがいの徹底と栄養を考えた食事をとりましょう。

アルコールを飲む方

アルコールを飲むと「筋弛緩作用」が働き、いびきが出やすくなります。
喉周辺の筋肉がゆるみ舌が喉奥に入り込んでしまうため、軌道が狭くなりいびきに繋がるのです。

また鼻の中の血管が拡張して鼻づまりを起こしやすくなります。
その結果口呼吸の時間が増えいびきが出やすいのです。

女性ホルモンの減少

ある統計によると、いびきをかく人の割合は男性24%女性10%という結果があります。

これは女性ホルモンがいびきに対して大きな影響力があるからです。

女性ホルモンには舌を支える筋肉を緊張させる働きがあり、軌道を広く保つことができます。
その為、女性の方がいびきをかきづらいと言われているのです。

もし年齢など、なんらかの理由で女性ホルモンが減少した場合、
女性でも軌道を広く保つことができなくなってしまいます。

最後に

いかがだったでしょうか。
いびきをかく原因は様々で人によって違います。

原因を知ることは大切で、今後いびきを抑える対策が出来るということです。

いびきの対策についてはこちらにまとめてますので、ご覧ください

いびきを抑える9つの方法を解説!対策をしっかりやろう!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link