ヒロブロ!

ショートスリーパとロングスリーパーの違いは?

time 2018/04/04

ショートスリーパとロングスリーパーの違いは?

ショートスリーパというものをご存じでしょうか?

これは短い睡眠時間で、問題なく活動できる人のことを指していて、
「明石家さんま」がショートスリーパーであることは非常に有名です。

またロングスリーパーは、人より長い時間睡眠が必要な方のことです。

しかしこのような睡眠時間の違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

そこで今回はショートスリーパとロングスリーパーの詳しい違いを見ていきましょう。

ショートスリーパーの特徴

ショートスリーパーは睡眠時間が6時間未満の方々を指し、
ロングスリーパーは10時間以上の人達を指します。

ショートスリーパーの方々は身体の休息であるレム睡眠と言われる状態が短いと言われています。

逆に脳の休息であるノンレム睡眠は通常の方と変わらず、しっかりと休息時間をとっており、
非常に効率の良い睡眠と言えるでしょう。

上記で述べたようにレム睡眠が短いことから、夢を覚えている確率が少ないことも特徴です。

元々の性格にも違いがあると言われており、
ショートスリーパーの方は比較的明るく社交的な方が多いようです。
また負けず嫌いで自信家とも言われており、まさに「明石家さんま」そのものですね。

短時間睡眠で精力的に活動できることから、成功者が多く存在すると言われています。
「使える時間が多いから?」
「健康的だから?」
理由はわからないですが、なにかしらのメカニズムはあるのでしょうね。

ロングスリーパーの特徴

ロングスリーパーはレム睡眠の時間が比較的長い傾向にあります。
逆にノンレム睡眠の時間はショートスリーパーの方と同レベル、又は少し長い程度だと言われています。

しかしロングスリーパーは浅い眠りの場合が多く、目覚めが悪かったり疲れが残っていたりなど
効率の悪い睡眠を取っていることでも有名です。

なお、夢を覚えていることも多いことからは創造性がショートスリーパーの方より優れていると言われており、芸術家や画家などに向いている傾向があります。

性格的にも社交性が低めで、内向的な方に多いのが特徴です。

ロングスリーパーは自分の時間を有意義に使えないことから、改善を試みる人も多くいます。
以下の項目を見直してみてください。

・平日の起床時刻を一定にする
・休日も平日+2時間以内に起きる
・朝目覚めたら太陽の光を浴びる
・日中は活動的に過ごす
・スポーツをする
・人とよく会話する
・寝る1時間前にスマホやテレビを見ない
・就寝時間を2週間毎に30分程度短くしていく

上記の方法で必ずしもロングスリーパから脱出出来るわけではないですが、
やってみる価値はあると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

まとめると

ショートスリーパー
・レム睡眠が短い
・外交的な方に多い

ロングスリーパー
・レム睡眠が長い
・内向的な方に多い
・目覚めが悪い

になります。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link