ヒロブロ!

[徹底比較]ガラスフィルムと液晶保護フィルムの違いを解説します。

time 2017/12/17

[徹底比較]ガラスフィルムと液晶保護フィルムの違いを解説します。

現代社会では生活必需品となったスマートフォン。

スマートフォンは高価なものが多いため、日ごろから保護フィルムなどで、画面割れを防ぐことが大事なのは皆さんもご存じでしょう。

保護フィルムは大きく分けると2種類存在します。

「ガラスフィルム」と「液晶保護フィルム」です。

皆さんこの2種類の違いを説明できますか?

それぞれの違いがわからない方もいるのではないでしょうか。

そんな方々のために今回は、「ガラスフィルム」と「液晶保護フィルム」の違いを解説します。

sponsored link

ガラスフィルムと液晶保護フィルムの違い

ここでは「ガラスフィルム」「液晶保護フィルム」それぞれの違いについて具体的に解説していきます。

厚さの違い

見た目から厚さが違うのはわかりますので、それぞれ特徴をみていきましょう。

ガラスフィルム
通常の製品だと0.3mm程度のものが多くスマートフォンに貼りつけたとき、少し違和感があります。
ですが最近は0.15mmなど、かなり薄い製品も発売されているようです。

液晶保護フィルム
ガラスフィルムよりかなり薄い0.1mmのものがスタンダードです。
スマートフォンに貼り付けたときも、全く気になることはありません。

感触の違い

感触にも大きな違いがありますので、みていきましょう。

ガラスフィルム
基本的にサラサラ・ツルツルしており、指の滑りがよいものが多いです。
フィルムを付けていないときと同じような感覚でお使い頂けるでしょう。

液晶保護フィルム
指滑りはそこまでよくない気がします。
ですが最近は指滑りがいい製品も多いので、それを選べばあまり気にならないでしょう。

透過率の違い

画面がどの程度鮮明に見えるかの指数です。100%に近い方が画面を鮮明に見やすくなります。

ガラスフィルム
フィルムを付けていないときとの違いは感じられないぐらい透過率が高いです。
透過率99%の製品も珍しくありません。

液晶保護フィルム
少し画面が見にくくなるかもしれません。
透過率は95%程度のことが多く、気になる方もいるでしょう。

強度の違い

傷のつきにくさや、破損の危険性の違いについてです。

ガラスフィルム
傷は比較的つきにくいでしょう。
ですが、落下したときの衝撃で割れてしまうことは多々あります。

液晶保護フィルム
どこかで擦ってしまうと、傷ついてしまうことも珍しくありません。
しかし、落下しても素材が柔らかいので、破損する危険性は低いでしょう。

貼りやすさの違い

ガラスフィルム
スマートフォンの上に置いて中心を軽く押すだけで装着できます。
かなり貼りやすいです。
ですが何回も取り外しすると、フィルムが変形する危険があるので、あまり付け直しはしない方がいいでしょう。

液晶保護フィルム
少しコツが必要で、最初は気泡が入ってしまうでしょう。
付け直しは何回でも可能なので、納得いくまで行えます。

価格の違い

ガラスフィルム
少し高価なものが多いです。
通常は1000円~3000円ですが、今は500円程度の製品も出てきています。

液晶保護フィルム
安価で購入できるものも多く、100均で見かけることもあります。
ですが、あまり安い製品はおすすめできないので、最低でも500円以上のものを購入しましょう。

結局どっちがおすすめ?

私は断然「ガラスフィルム」をおすすめします。

「液晶保護フィルム」は薄さの面では使いやすいですが、透過率・手触り・強度などあらゆる面で「ガラスフィルム」に劣っています。

また「液晶保護フィルム」は液晶を守る役割をあまり果たしていません。
どちらかと言うと、画面が割れた時に飛び散らないようにする役割が強いです。

こちらにおすすめの「ガラスフィルム」をまとめてますので、気になったら観覧してみてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
[iPhone X]ガラスフィルムはどれがいい?オススメの5選を紹介します!

まとめ

いかがだったでしょうか。

簡単にまとめると

「ガラスフィルム」は画面が鮮明で、指触りがいいが、少し高価
「液晶保護フィルム」は価格は安いが、透過率などでは劣る

人によって求めるポイントは様々だと思うので、ご自身に合った保護フィルムを選びましょう。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link