ヒロブロ!

睡眠時の正しい姿勢とは?仰向け、うつ伏せ、横向き

time 2018/10/15

睡眠時の正しい姿勢とは?仰向け、うつ伏せ、横向き

寝るときの姿勢は人それぞれですよね。
仰向けやうつ伏せ、横向きなど大きく分けて3種類に分けられます。

「仰向けじゃないと寝られない」
「横向きで寝るのが好き」
など人によって、眠りやすい姿勢があると思います。

睡眠における重要なポイントの1つである「姿勢」はどのようなものがいいのでしょうか。

それでは睡眠時の正しい姿勢についてみていきましょう。

また仰向け、うつ伏せ、横向きの3パターンについても詳しく解説していきます。

うつ伏せ

赤ちゃんが良く寝る姿勢のイメージがあるうつ伏せ。

しかし、うつ伏せ寝は胸部に長時間強い圧迫を与えるため、非常に危険です。

寝る直前に食事を摂ってしまうと、圧迫によって胃の働きが鈍る為、消化にも時間がかかる上、戻しやすくもなってしまいます。

またうつ伏せで両足をまっすぐ伸ばした状態だと、
腰に負担がかかり歪んでしまう可能性があります。

その場合はどちらかの膝を曲げることにより、
腰への負担を減らすことが可能です。

さらに枕を使ってしまうと、首が反り返るためなるべく使わないようにしましょう。

顎を下向きにする姿勢のため、顔の輪郭や歯並びにも影響があると言われています。

右顎、左顎どちらかに負担がかかるため、
歪みが生まれる原因になるのです。

横向き

横向き寝にはいびきを防ぐ効果があります。

いびきは舌が重力によって喉奥に落ち込み、気道を狭めるのが原因と言われています。

一方、横向き寝は喉奥に舌が落ち込むことがない為、いびきをかく可能性が低下します。

これは睡眠時無呼吸症候群の方にも有効です。
舌が呼吸の邪魔をすることがないため、無呼吸になる危険性も下がります。

ただし、肘を頭の下に持って行ったり、不自然に腕や足を曲げると血流が悪くなり健康的にはよくありません。

また寝返りが少なく、長時間どちらかの向きで寝続けた場合、同じ場所に負担がかかり身体の歪みに繋がる危険性があります。

横向きに寝る場合「右向き」「左向き」どちらが良い?それぞれのメリットを解説

仰向き

仰向けは無理なく自然に背筋を伸ばせる姿勢です。
身体が歪む可能性が最も少なく、また血流も効率良く巡るはずです。

呼吸も深くなりやすく、睡眠の質を高めやすいため、疲れが残りにくいメリットがあります。

なお枕が高すぎたり寝具が柔らかすぎると、身体に負担がかかる為、寝具選びが重要です。

一方、仰向けはいびきをかきやすい姿勢とも言われています。
舌が重力によって、落ち込みやすく、気道を狭めてしまいます。

また睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まる為、注意が必要です。

睡眠時の姿勢はどれがいいの?

ここまで、仰向け、うつ伏せ、横向き3つの姿勢について解説しましたが、
結局どれが一番いいのでしょうか。

ずばり、言いますが私は「仰向け」を推奨しています。

仰向けは最も良質な睡眠を取れる姿勢だからです。

睡眠時無呼吸症候群のリスクもありますが、姿勢を無理して修正して治すよりも
もっと別の方法を考えるべきです。

例えば、

・肥満を改善する
・疲労やストレスの解消
・お酒を飲みすぎない

などやるべきことは他にあります。

確かに横向きの姿勢で寝ると睡眠時無呼吸症候群は起こりにくいのですが、
睡眠の質を低下させる可能性がある為、おすすめはしません。

またうつ伏せには身体の歪みや胸部に圧迫がある為、
なるべくやめた方がいいでしょう。

最後に

今回睡眠時の姿勢は「仰向け」を推奨しましたが、
もし合わないのであれば、無理して修正するべきではありません。

ヒトは寝ているときに寝返りをうって、
最も楽な姿勢に動いています。

その為、気にし過ぎない程度に気をつけるぐらいで大丈夫ですよ。

down

コメントする




CAPTCHA