ヒロブロ!

[ゲーム]任天堂64の名作ソフトランキングを紹介します!

time 2017/12/03

[ゲーム]任天堂64の名作ソフトランキングを紹介します!

私が小学生の時、ちょうど任天堂64の全盛期で1日3時間は遊んでいました。

周りの友達もほとんどの人が持っていて、小学生には必須アイテムとなっていましたね。

いまだに同級生と話すときは任天堂64の話になったりします(笑)

そんなときに任天堂64の中で1番面白いのはどれなのか議論になったことがあるのですが、その時のことが気になり調べてみました!

今回は任天堂64で評価が高いゲームを総合的に判断し、紹介していきます!

任天堂64ソフトランキング

 

第20位 爆ボンバーマン

大戦モードでは皆が想像しているシステムですが、1人用のストーリーモードも実に面白い。

敵を爆弾で倒しながら、ときには謎をときながら進むのは必見です!

第19位 ピカチュウげんきでちゅう

このゲームにはマイクが付属しており、音声でピカチュウとコニュニケーションをとりながら遊ぶことできるのが特徴です。

世界初の音声認識システムを採用したソフトとして、凄く衝撃的だったのを覚えてます。

ピカチュウが自分の声に反応して行動してくれるのが、嬉しくてたまりませんよ。

第18位 どうぶつの森

最近スマートフォンのアプリにもなった大人気シリーズ。

主人公がある村へ引っ越してき、そこで生活をしていくほのぼの系のゲームです。

住民たちとの会話を楽しんだり、魚釣りをしたり、家のコーディネートをしたりとやることは盛りだくさん。

このゲームには終わりがないので、いつまででも続けることができますよ。

第17位 ヨッシーストーリー

かわいいヨッシー達がベビークッパを倒すために奮闘します!

縦横スクロールの2Dアクションでステージを進めながら、30個のフルーツを食べたらクリアになります。

アクション性もよく、高得点を狙うのであればメロンしか食べないなど、極め要素も盛りだくさんです。

第16位 ポケモンスタジアム金銀

ポケモンの対戦だけに特化したゲーム。

ポケモンの属性や、技の相性を考え戦うことが重要になるゲームです。

当時の子供がやれるのかと疑問に思うほどの心理戦バトルになっています。

第15位 カスタムロボV2

選んだロボットを操作し対戦させるゲーム。

ゲーム開始と同時にコントローラーをぐりぐり回すのを思い出す方も多いのではないでしょうか。

様々なステージがあり、そこで繰り広げられる戦いは必見。

爆弾やレーザーを使う長距離攻撃や、近距離の攻撃など戦い方はそれぞれで、選ぶロボットによりスタイルが異なります。

第14位 スーパーマリオ64

3Dアクションゲーム

数あるマリオシリーズの中でも非常に人気が高い作品。

スターを集めながら、クッパを倒すというマリオらしいストーリです。

当時のスクロールアクションゲームの主流は縦と横の2Dだったが、奥行きを加えた3Dアクションを実現したゲームになっています。

今でこそ珍しくありませんが、当時3Dのアクションが出てきた衝撃は凄かった。

現在のゲーム業界に大きな影響を及ぼしたのは間違いないでしょう。

第13位 ゴールデンアイ

銃撃戦と言えばこちら。

映画007シリーズの中でも、人気が高い作品をもとに作られたゲーム。

今の20代の方にゴールデンアイの「工場」と言うと、どのステージかわかってくれるほど人気になったゲームです。

対戦モードでも1人でやるにしてもおすすめできる作品になっています。

第12位 スターフォックス64

3Dフライトシューティングゲーム。

今作が出るまでは、横スクロール型のシューティングゲームが一般的だったが、その常識を打ち破った作品。

後方視点からのシューティングは斬新で、迫力が凄い!

発売当時、戦闘機の対戦ゲームといえば「スターフォックス64」でゲーム性のカッコよさにほれぼれしたものです。

第11位 マリオパーティ2

ボード型の対戦ゲーム。

いわずとしれた大ヒットシリーズの2作目。

おなじみのキャラクター達が、さいころをふってスターを目指す対戦バトルゲームです。

1ターンごとにミニゲームが開催されるのですが、それがマリオパーティ2の1番のお楽しみ!

女子人気も高いので、男女でプレイしても皆さん楽しめるでしょう。

第10位 星のカービィー64

横スクロールアクション。

他のカービィシリーズとは一味違う雰囲気があります。

今作で初めて2種類のコピー能力を組み合わせて、新しい能力を発動するシステムを取り入れた作品です。

コピー能力を組み合わせた時のドキドキ感はたまらなかった記憶があります。

カービィが好きな方には是非プレイしてもらいたい作品です。

第9位 マリオストーリー

アクションRPG。

マリオがクッパを倒す正統派ストーリ。

今作は面白いトリックが各要所にちりばめられており、謎を解きながらストーリーを進める楽しさもあります。

第8位 ディディーコングレーシング

レーシングゲーム。

今作はディディーが主役の珍しい作品で、ドンキーは出てきません。

コースをクリアするたびに、新たなコースが出現し、私たちを飽きさせない設計になっています。

また対戦ゲームやバルーン集めなどレース以外の要素もあるので、別の楽しみ方ありますよ。

私が人生で1番プレイしたレーシングゲームなのは間違いないです!

第7位 マリオパーティ3

ボード型の対戦ゲーム。

先ほど紹介した「マリオパーティ2」の続編。

今まではパーティモードしかなかったが、新たに「デュエルマップ」「バトルロワイヤル」を追加されています。

ミニゲームは前作から一新されており、前作を購入した方でも飽きずに楽しめるでしょう。

マリオパーティは全部で15シリーズありますが、一番のおすすめ今作です!

第6位 マリオテニス64

アクションスポーツゲーム。

今回もマリオシリーズ。

マリオがスポーツする作品は数多くありますが、今作が一番のおすすめです。

簡単な操作で上回転、下回転など高度なテクニックと心理戦が繰り広げられます。

第5位 風来のシレン2

ダンジョン探索型RPG。

タイトル通り鬼退治の話なんですが、本番は鬼を退治した後。そこからのサブ要素が長く、長時間楽しめるでしょう。というか鬼退治後の方が楽しいです(笑)

RPGですがダンジョンをクリアをするとレベルがリセットされるシステムになっており、また1からレベル上げが必要になります。(武器は持ち帰れる)

難易度がかなり高く、私も全部クリアをしたことはありません。

今作は中毒性がかなり高いので、気をつけてください(笑)

第4位 マリオカート64

レーシングゲーム。

正統派のレーシングゲームですが、これがまた面白い!

意図的かどうかわからない、ショートカットが各所に存在しており、それがまた面白さをより一層引き立たせてくれました。

特にワリオカートのショートカットは誰もが知っているはずです。

第3位 ゼルダの伝説 時のオカリナ

アクションアドベンチャーゲーム。

一時期、世界一売れたアクションアドベンチャーゲームとして王者に君臨していました。

海外での評価も非常に高く、ゲーム好きであれば一度はプレイしたはずです。

私が小学生のときプレイしていたのですが、当時の私には怖すぎました(笑)

ですが、内容は非常に面白く、謎解き要素も豊富です。

大人がプレイしても非常に面白い作品になるでしょう。

第2位 パーフェクトダーク

FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)

先ほど紹介した「007/ゴールデン・アイ」の続編。

ゴールデンアイにはなかった対人MISSION、トレーニング、チャレンジなどの要素が追加されています。

正直言って「ゴールデンアイ」の完全上位互換と言える作品でしょう。

今でも高値で取引されており、根強い人気がうかがえます。

「ゴールデンアイ」の10倍は遊んだ記憶があり、盛り上がること間違いなしの定番ゲームでした。

第1位 大乱闘スマッシュブラザーズ

対戦アクションゲーム。

誰もが知っている対戦バトルゲーム。

特に20代は誰もがプレイした経験があり、ある一定以上のレベルはキープしていた記憶があります。

今でも任天堂64をする機会があると、必ずプレイする定番ゲームですよね。

私が歴代で1番プレイ時間が多いゲームなのは間違いありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

こうして紹介していくと、名作の多さに自分自身、驚きました。

任天堂64は複数人でのゲームが多いので、是非友達とワイワイしながら楽しんでください。

down

コメントする




CAPTCHA