ヒロブロ!

寝ても疲れがとれない!原因は自律神経の乱れかも。交感神経、副交感神経

time 2018/04/09

寝ても疲れがとれない!原因は自律神経の乱れかも。交感神経、副交感神経

「寝ても寝ても疲れがとれない・・・」
「毎日体がだるい」
「体がガチガチに固い」
なんて方もいるのではないですか?

睡眠をとっても疲れが残ったままのあなた、
もしかしたら自律神経の乱れが原因かも知れません。

疲労の原因

疲労を感じる大きな原因に「自律神経の疲れ」があります。

自律神経とは呼吸や心拍・血圧などの循環器、消化器、呼吸器の活動を調整するための神経です。

私たちが普通に生活している中で溜まる疲労は、
自律神経にダメージが来ていると考えていいでしょう。

また激しいスポーツなどによる疲労は、筋肉や内臓系にもダメージが溜まるのですが、ほとんどは自律神経に疲れがたまっています。

常に緊張感がある営業職のような仕事をされている方や、人間関係が上手くいかず悩んでいる方などに自律神経に疲労が溜まりやすいみたいです。

寝ても疲れが取れない原因は?

寝ても疲れが取れない方は、自律神経の切り替えが上手くいっていないからだと思われます。

自律神経の中には「交感神経」「副交感神経」の2種類が存在します。

交感神経は主に緊張している時やストレスを感じている時など、日中の活動中に働く神経であるのに対し
副交感神経は休息・修復・リラックスモードの時。主に睡眠時に働く神経になります。

通常はこのふたつの神経が交互に働くことにより、疲れの回復や健康状態の維持が行われます。

しかし、肉体的・精神的に不安定になると「交感神経」ばかりが働いてしまい、
休息に重要な「副交感神経」へ切り替わりにくくなります。

副交感神経が正常に働かないと、睡眠をとっても神経は休息をとれていない状態になることから、体から疲れがとれなくなります。

疲れがとれない体を改善するには

自律神経の乱れの根本的な原因はストレスです。
ストレス自体は人によって様々で解決法も様々なため、ここではストレスの解消法ではなく、
副交感神経を働かせるコツを紹介します。

・寝る1時間前にパソコンやテレビ・スマホを見ない
・熱すぎないお風呂につかる
・軽い運動を行う
・マッサージをしてもらう
・ストレッチを行う
・寝る直前に深呼吸をする

などです。

上記の方法を行うことにより、眠りやすくなりますし疲れもとりやすくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

寝ても疲れがとれない原因は「交感神経」と「副交感神経」の切り替えが上手くいっていないのが原因でした。

疲労が溜まりにくい体を作るには、ストレスをため込みすぎないことが大事です。
物事全部に責任感をもたずに少し楽にしてみたらいかがでしょうか。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link