ヒロブロ!

iPhoneでアプリ毎の通信量を調べる方法!7GB制限の対策をしよう

time 2018/02/05

iPhoneでアプリ毎の通信量を調べる方法!7GB制限の対策をしよう

iPhoneを使用していて、気になるのが通信制限

1カ月の通信量が7GBを超えてしまうと、インターネットへの接続に時間がかかりストレスになりますよね。
利用可能データを追加することで、4G通信の継続が可能ですが、0.5GBあたり550円と痛い出費になります。

できれば、通信量を節約したいところです。

そんな時は、使用しているアプリの通信量を確認することが大事になります。
アプリ毎の通信量を分析して節約に役立てましょう。

iPhoneでアプリ通信量を調べる方法


「設定」から「モバイルデータ通信」を選択します。

下の方にスクロールすると「現在までの合計」と「アプリ毎の通信量」が確認できます。

私もなのですが、1番多いのと思われるアプリが「Safari」です。
iPhoneではインターネット検索の手軽さから当然ですね。

また次に多いと思われるのが「LINE」になります。
今や連絡アプリとしては必須ですから、通信量も多くなるのは必然です。

他に「YOUTUBE」「App Store」「Google Maps」などが一般的に多くの通信量を使用するアプリになるでしょう。


いつから統計をとっているか知りたい場合は、一番下にスクロールして「前回のリセット日時」を見ましょう。
表示されている日時からの統計が上で表示されている通信量です。

また1つ上の「統計情報のリセット」をタップすると0からのスタートになります。

アプリ以外のデータ通信

実はデータ通信を利用しているのはアプリだけではありません。

テザリングなどの機能も使用しています。


下の方にスクロールすると「システムサービス」という項目があります。
そこをタップするとアプリ以外の通信量を確認可能です。

iPhoneの通信量を調べるアプリ

iPhoneには通信量を調べるアプリが数多くあります。
ここではその中でもおすすめのアプリを紹介します。

通信量チェッカー」というアプリです。
1カ月ごと、または近3日間の通信料が確認できます。

私もこのアプリを見て、「今月はもう節約しないとな」とか考えています(笑)

また注意すべき点があるのですが、通信量を計測するのは、アプリをインストールした日からです。
例えば15日にアプリをインストールした場合、計測するのは1日からではなく、15日からになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はiPhoneでアプリ毎の通信量を調べる方法を紹介しました。

通信量の詳細を確認することにより、「今月はこのアプリを使いすぎたから控えよう」などの行動に移すことができますよね。

また、通信量を使いすぎているアプリは思い切って削除するのも手です。

皆さん私と一緒に7GB制限に引っかからないように頑張りましょう。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link