ヒロブロ!

北朝鮮のミサイル発射でなぜ円高に?わかりやすく解説します!

time 2017/10/31

北朝鮮のミサイル発射でなぜ円高に?わかりやすく解説します!

こんにちは!ヒロです!

最近、北朝鮮が日本のニュースを騒がしています。

核開発やアメリカへの兆発行為など。

特に、ミサイル発射に関しては大きなニュースになっています。日本上空を飛んでいきJアラートが東日本に響き渡りました。

日本が北朝鮮のリスクにさらされていることを国民はもちろん、世界中が実感したはずです。

当然、リスクにされされている日本は円売りによる円安が進行するであろうと思った方も多いのではないでしょうか。

ですが、実際は逆の現象が起きています。円買いによる円高です。

予想とは反対のことが起こっています。なぜなのでしょうか。

それにはちゃんとした理由があります。今回は北朝鮮リスクによってなぜ、円高が進行するのかわかりやすく解説していきます。

sponsored link

円の低金利による円高

世界中の投資家は低金利の通貨を売って、高金利の通貨と交換することによる、金利差(スワップポイント)で利益を出そうとしています。

具体的に説明すると、現在日本の長期国債金利は0.068%、それに対しアメリカの長期国債金利は2.39%です。この状態で、円で資金を調達しドルに変えると金利差である2.322%得をすることになるのです。

ではなぜ北朝鮮リスクによって円高が発生するのでしょうか。

北朝鮮がミサイルを撃ったことによって投資家達は「なにか予測できない事態が起こる」と考えます。

予測できないのだから、とりあえず「ポジションを解消しよう」=資金をもとの状態に戻しておこう。
と考えドル売り円買いが進むのです。

世界一の対外純資産による円高

対外純資産とは
海外に貸しているお金-海外に借りているお金=対外純資産
になります。

日本は現在349兆円の対外純資産があります。

政府が保有している海外債券もありますし、個人投資家も多くの債券や株を保有しています。

そのためなにか起こったとき=北朝鮮がミサイルを発射したときにはとりあえず資金を自分の手に戻しておこうと、円買いが進むのです。

海外投資家がリスクを避けるために円買いをする

日本市場は海外投資家が取引割合の6~7割を占めており、海外投資家が日本市場に対する影響力は大きいものになっています。

北朝鮮がミサイルを発射したことは日本にとってマイナスになります。

それによって株価が下落することが予想され、海外投資家が株買いを避け代わりに円買い方向に進むことになります。よって円高が進行することになるのです。

まとめ

今回は北朝鮮リスクによって、円高がなぜ起こるのかを解説しました。

上記で紹介した3つをまとめると
・リスクによって海外投資家が資金をもとの状態に戻すことによって発生する円高

・リスクによって国内投資家が資金をもとの状態に戻すことによって発生する円高

・リスクによって海外投資家が株買いを避け円買いに進むことによって発生する円高
になります。

ですが北朝鮮もミサイルを連発することにより市場もリスクになれていき、円高の動きは弱まることもありえるでしょう。
今後も為替の動きに興味があるのであれば、自分で考えて予想してみるのも面白いかもしれませんね。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link