ヒロブロ!

イーサリアム(Ethereum)とは?将来性や特徴を解説します

time 2018/04/22

イーサリアム(Ethereum)とは?将来性や特徴を解説します

ビットコインと同じ仮想通貨であるイーサリアム(Ethereum)ETH

世の中に無数にある仮想通貨の中でもビットコインについで、
有名なのではないでしょうか。

そこで今回はイーサリアム(Ethereum)ETHの将来性や特徴を解説します。

イーサリアムの購入ができるおすすめの取引所
coincheck(コインチェック)
bitFlyer(ビットフライヤー)
Zaif

イーサリアム(Ethereum)とは

イーサリアム(Ethereum)とはビットコインと同じ仮想通貨です。

仮想通貨の人気度を表しているとも言える、
時価総額ではビットコインに次いで第2位に位置しています。

イーサリアムは「イーサリアムプロジェクト」と呼ばれる計画の中で、
使われている仮想通貨で、単位をイーサ(ETH)と言います。

イーサリアム(Ethereum)の特徴


イーサリアム(Ethereum)には大きく分けて3つの特徴があります。
一つずつ解説していくので、ご覧ください。

分散型アプリケーションプラットフォーム

イーサリアムは、分散型アプリケーションプラットフォームになります。

イーサリアムのブロックチェーン上で誰でも自由にアプリが作成でき、使用できる機能です。

機能をまとめると
・誰でも自由にアプリが使える。
ブロックチェーンで、データを管理するので、安全性が高い。
・アプリは特定の管理者を必要とせず自律的に動作する。
・仕様の変更を皆で投票して決める
になります。

少し難しいかもしれませんね。
最初は私も理解しにくかったので、大丈夫ですよ(笑)

具体例を出して、考えてみましょう。

私たちはお金を盗まれない為に銀行に預けています。
しかしそれは銀行側が不正をして、
盗む危険性がないことを前提にする必要があります。

要は銀行を信用して、お金を預けるわけですね。

一方イーサリアムを使ったアプリであれば、自律的に動作するので、
銀行のような第三者の信用を前提にしなくてもいいのです。

凄い画期的なシステムですよね。
これからの社会に大きな影響を与えそうなプラットフォームです。

スマートコントラクト

ビットコインなどで使われるようなブロックチェーンでは、
取引記録しか残すことはできません。

しかしイーサリアムの場合、
ブロックチェーン契約の記録を組み込めます。

例えば、銀行に口座を作るときを想定してみましょう。

大まかな流れはこのようになるはずです。
○「銀行に行く」→「契約をする」→「口座が開設」→「利用開始」

一方、イーサリアムで銀行口座の開設を行うとどうなるのでしょうか。
「インターネットで契約をする」→「口座が開設」→「利用開始」
になります。

銀行に行く必要がなくなるのです。

簡単にまとめると
イーサリアムのスマートコントラクトとは、
人の手を介さずに自動で契約を実行することができる機能になります。

イーサリアム(Ethereum)のチャート

さて、イーサリアムの価格はどのように変動しているのでしょうか。
2017年4月から2018年1月までのチャートを載せておきます

※クリックで拡大
2017年の4月1日は「5000円」程度でした。
それが2018年の1月26日には「11万円」と約22倍もの成長を遂げています。

特に2018年の1月10日には「18万円」を記録しており、36倍の高騰です。

もの凄いです。
私も買っておけば・・・って皆思ってますよね(笑)

イーサリアム(Ethereum)の将来性

結論から言うとまだまだ伸びしろがあると思っています。

イーサリアム(Ethereum)の目玉と言えば、
スマートコントラクト」です。

現在「スマートコントラクト」の実現化に向けて、
EEA(イーサリアム企業連合)と呼ばれるものが作られました。

EEAには「マイクロソフト」や「JPモルガン」などの
世界中の誰もが知っている大企業も参加しています。

日本からは「トヨタ自動車」や「三菱UFJ」なども参加しているようです。

EEAの拡大によって、「スマートコントラクト」の実現化も進み、
イーサリアムの信頼度が増していくはずです。

結果として今後も価格が上がって行くことが考えられます。

Ethereum(イーサリアム)の購入方法

Ethereum(イーサリアム)を取り扱っている
仮想通貨取引所はそれなりにあります。

私はその中ではbitFlyer(ビットフライヤー)をおすすめしています。

bitFlyer(ビットフライヤー)は資本金の多い企業で、安定感があります。
取引所の中で最も使いやすいと言えるでしょう。

そんなbitFlyer(ビットフライヤー)はこちらから
手続きができます。↓↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所の口座開設方法をまとめてますので、
こちらの記事を見て頂けたらスムーズに手続きできます。↓
bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設の方法!図解つきで解説

down

コメントする




CAPTCHA