ヒロブロ!

夢を見るのは何故?睡眠の秘密に迫ろう

time 2018/04/29

夢を見るのは何故?睡眠の秘密に迫ろう

私たちが睡眠をとっていると、夢を見ることがありますよね。

面白い夢や怖い夢など様々です。

なぜヒトは夢を見るのでしょうか。
メカニズムについて調べましたので見ていきましょう。

なぜ夢を見るのか

睡眠は身体の回復、心の安定化の他に脳の記憶を整理する役割をもっています。

夢は記憶の整理が行われている間にでるノイズのようなものです。

その為、夢自体は寝ている時には頻繁に見ており、後は覚えているかいないかで「夢を見た」「夢を見なかった」が分かれます。
基本的には脳の眠りが薄いと言われているレム睡眠時に目覚めると夢を見る確率が高いようです。

脳にしまわれている過去の記憶の中から、
たまたま現れたものが結びつきストーリー化されて夢になります。

しかし、記憶にないものを夢としてみる場合があると思いますが、
それは深層に隠されている記憶か自分の欲求が出てきている場合があります。

例えばスポーツをしたいと思っている時はスポーツの夢を、
寿司を食べたい時は寿司の夢を見やすいようです。

また不安なことが実生活で起こった場合、怖い夢を見るなど変化がでてきます。

夢をよく見る人

夢をよく見る人は、沢山の記憶の整理が必要な方が多いようです。

このような方は起きている間に脳が活発に動いており、
多くの情報が流れ込んでくるためその分整理が必要なのです。

また一口に情報といっても、テレビで得たものやゲームをしたものではなく
人と会話したりすることによるものの方が夢を見る可能性が高くなります。

反対に家に引きこもっている方などは、脳への刺激がすくないため
記憶の整理もあまりなく、夢を見ずらいようです。

夢の種類

私たちは様々な種類の夢を見ます。

夢の種類によってあなたの考えていることや
やりたいことがなどの精神状態が見えてくることもあります。

なにかから逃げる夢

現実から逃げ出したい時に見ることが多いはずです。

仕事でミスしたり、人間関係に悩んでいたりなど、
自分自身の問題や困難な状態から逃れようとしていることを表しています。

落下する夢

自分が今いるポジションが維持できるか不安な時などによく見ます。

例えば、仕事での降格が起こり得そうなとき、
または他人が実際に降格した時などに不安となって夢になります。

このように人生のつまずきや挫折に対する不安や恐れを表します。

また落下してもケガなく着地をした場合は
長年抱えていた問題を解決した時やあまり不安なことがなかった時に起こります。

空を飛ぶ夢

空を飛ぶ夢は自由になんでもできることに繋がります。

仕事でプレゼンが上手くいったときや、恋人との関係性が良好なときなど
物事が理想的に進んでいることを表しています。

死ぬ夢

古い自分から脱却し新しい自分に生まれ変わりたいと考えているとき、
または生まれ変わっているときに見ます。

今までとは違う新しい考えを取り入れ、
古い考えを捨てていることを表します。

溺れる夢

現実で苦しんでいるときによく見ます。

仕事が上手くいかないときや借金をしてしまったときなど、
人生がどうしても上手くいかないことを表しています。

このままだと、どんどん溺れていってしまうので、早く解決策を見つける必要があるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

夢は日中に起きていた時の記憶を整理する時に現れるものなんですね。

また活動的な方は記憶の情報が多いため、
夢をよく見ることがわかって頂けたはずです。

夢は不思議なもので、解明されていないことが沢山あります。
これからも夢の研究は進むと思いますので、注目していきましょう。

夢は操作できる!明晰夢を見る方法を教えます

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link