ヒロブロ!

bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設の方法!図解つきで解説

time 2018/03/14

bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設の方法!図解つきで解説

ビットコイン(BItcoin)やイーサリアム(Ethereu)などの、
仮想通貨を購入できる。

日本にある取引所の中でも資本金No1の信頼が置ける企業です。

そこで今回はbitFlyer(ビットフライヤー)の口座を開設する方法をわかりやすく説明します。

bitFlyer(ビットフライヤー)にログイン

まずはこちらの→bitFlyer(ビットフライヤー)にログインしましょう。

使用したいメールアドレスを入力します。
②入力が終わったら「アカウント作成」をクリック。

すると下記のような画像が表示されたらひとまずはOKです。

登録確認メール本文のリンクをクリック

確認メールが届くので、メール本文のリンクをクリックしましょう。
またなんらかの理由でリンクをクリックできない場合は、
先ほどの画面でキーワードを入力してください。

利用規約などを確認する

利用規約などの確認を行い、OKならチェックします。
②「bitFlyerをはじめる」をクリック

本人情報の登録1

①「本人情報の登録に進む」をクリックします。

本人情報を入力します。
②「登録情報を確認します」をクリック

本人情報の登録2

身分証明書の画像をアップロードしましょう。
身分書の表面をアップロードします。
身分書の裏面をアップロードします。
③「ご本人確認資料を提出する」をクリックします。

利用できる身分証明書は以下があります。
・運転免許書
・パスポート(日本国が発行する旅券)
・個人番号カード
・住民基本台帳カード(顔写真あり)
・各種健康保険書
・各種年金手帳
・各種福祉手帳
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・在留カード
・外国公的書類(海外外国人用)

職業や取引内容の入力を行います。
②「入力する」をクリックします。

入出金に使う口座の登録

入出金に使う銀行口座の登録をしましょう。
銀行口座の情報を入力します。
口座情報の入力が終わったら「登録情報を確認します」をクリックしましょう。

お疲れ様でした!
これでアカウントの登録手続きは終わりです。

アカウントには2種類ある

実はbitFlyer(ビットフライヤー)には2種類のアカウントがあります。
違いは下の画像に表示されています。

ウォレットクラス
メールアドレスの登録だけで使えるのがウォレットクラスです。
仮想通貨の売買が出来ないので、おすすめはしません。

トレードクラス
本人確認をするとトレードクラスになり、
bitFlyer(ビットフライヤー)のあらゆる機能を使えるようになります。
仮想通貨の売買をしたいのであれば、必ずトレードクラスにしましょう。

先ほどまで解説していた、口座登録はトレードクラスでの登録になります。

仮想通貨の売買はいつからできる?

bitFlyer(ビットフライヤー)から下記のようなメールが届いたら、
仮想通貨の売買ができます。

またアカウント情報を見ても確認できます。
アカウントクラスがトレードクラスになっていれば、売買が可能です。

2段階認証でセキュリティ強化

セキュリティ強化のために2段階認証というものがあります。

2段階認証を設定していなくても、
bitFlyer(ビットフライヤー)の機能は使えますが、なるべく設定した方がいいでしょう。

2段階認証の設定方法は、
こちらの記事で解説します↓↓
bitFlyer(ビットフライヤー)2段階認証の設定方法を解説!

bitFlyer(ビットフライヤー)への入金と出金

仮想通貨の売買を行うには、
bitFlyer(ビットフライヤー)への入金が必要になります。

bitFlyer(ビットフライヤー)への入金方法を解説した記事はこちらですので、
ご覧ください↓↓
作成中です。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link